タウン情報誌クラスクモバイル
リエラボ  Rich Aging Labo
リエラボ  Rich Aging Labo

リエラボ Rich Aging Labo代表
小林 優里子さん

豊かに歳を重ねるためのトレーニングはしあわせへの道しるべ
年齢の話題はさりげなくかわしたい中高年層の乙女心。身体の内外で、若いころには思いもしなかった変化は、確かにじわじわと…若さ礼賛がまかり通る世の中だけど、年齢を重ねたからこその輝きは誇りたい。そんな女性たちの健康と美、豊かな人生を支えるパーソナルなジムを開業した小林優里子さん。

元気な100歳目指して “今から鍛え始めよう”のススメ
オープンは今年1月。国立駅北口から徒歩7分ほどの瀟洒なマンションの一室に、トレーニング機器が三台置かれています。思いのほかシンプルな空間で心穏やかに集中できそうですよ。 心肺機能を高める「有酸素運動」、「骨・筋肉トレーニング」、トレーニングによって破壊された細胞を休養させるための「ストレッチ・マッサージ」の三つを主軸にトレーニングが進められます。破壊と休養の繰り返しがより強い細胞の再生を促すのだそうです。対象はただただ痩せたいという極端なダイエット目的や、プロのアスリートではなく、ごく普通の生活をしている女性です。 「100歳まで生きることが夢物語ではなくなった昨今、大事なのは健康寿命。具合が悪くなってから多額の医療費をかけるのではなく、50代60代の今から身体づくりにかけてみては」と小林さん。 「パーソナルトレーニングの形にしているのは、おひとりおひとりに合った正しいトレーニングを指導したいし、継続していただきたいから」(同)

多様な経歴で身につけたものが トレーナーとしての支えに
薬学部出身の小林さん。卒業後、薬剤師としての仕事の傍ら、エアロビクス、ジムインストラクターの資格取得します。二足の草鞋で忙しい日々を過ごしますが、「運動が好きで好きで、次第にジムに比重がかかってしまい、薬剤師を辞めてしまいました」と、笑います。やがて、既存のジムへの問題意識や、健康で豊かに生きることの大切さに思い至り、パーソナルトレーナーへの道を模索、ついに開業するに至ります。 薬剤師だから人体に関する知識があり、塾経営の経験から傾聴も得意。よってそれぞれのバックグラウンドに合わせた指導ができることも強み。そして、仕事、結婚、子育て、介護…同世代だからこそできる共感も、お客さまにはうれしいかもしれませんね。


rielabo.com



お店情報
所在地 :国分寺市光町1-32-3 ラフォーレ国立110

お店の詳細
マップ
友達へ教える

トップへ戻る