タウン情報誌クラスクモバイル
おうちアロマサロン&スクール クラトリーチェ
おうちアロマサロン&スクール クラトリーチェ
「心身を整えれば何歳からでも元気にきれいになる!!」を伝えたくて
使用する精油はスイス・ファファラ社製。今年6月には同社や契約農場を訪問。深い感銘を受けたようで、「初めまして」のご挨拶もそこそこに同社の理念や農家の人々の心豊かな暮らし方について、熱く語る波さん。「この地域の方々にもその素晴らしさを伝えたくて、ついつい力が入ってしまいました」と照れ笑い。

香りは自らを映す鏡
「心身の不調の解決策はお客さまの中にあります」と波さん。お客さまがその時々に選ぶ香りが自らを映す鏡の役割をして、不調の理由を気づかせ、解決に導いてくれる、と言うのです。 エジプトやヨーロッパでは、アロマは古くから自然療法として用いられ、この自然の恵みは今なお緩和ケアなどに医療と並行する形で取り入れられています。漢方やアーユルヴェーダにも通じる世界観、人が求めるものは時空を超えているのかもしれません。

セラピー最初の出合いはロンドンで
佐賀県に生まれ育った波さん。大学卒業後、旅行社に就職。海外出張も多く、充実していたものの忙しすぎて体調を崩すこともしばしば。このままではつぶれてしまうとの危機感から退社。そしてロンドンに語学留学。インターバル中に彼の地で出合ったセラピスト養成の専門学校に入学。一心に勉強して国際セラピストの資格を取得。併設のサロンで実務経験も。傍目には華麗な経歴だが、「今考えると、あの頃は施術による疲れを解き放つ術を知らなくて」またまた体調を崩し、なかば強制送還の気分で帰国。

この地に開業して半年 精油がもたらす安息感を伝えたい
その後再就職を経て結婚、出産。二度目の妊娠時は「“この子はあきらめた方がいいのでは”と、周囲が心配するぐらいひどい状態で」。 「あの心身ともつらいときに頼れるセラピストがそばにいてくれたら」と振り返ります。その想いから「体調不良に苦しむ人に手を差し伸べるサポーターになる」ことを決意し、今年2月国立に開業。施術だけでなく、セルフセラピーに導く『体験するアロマ講座』も。香りに触れる心地よさで自分の感覚をフル稼働させます。アロマをご自身やご家族の日々との暮らしに、もっと気軽に取り入れての願いをこめてサロン&スクールで活動しています。


ws.formzu.net/fgen/S86072890/

お店情報
アクセス  :国立駅南口より徒歩10分
営業時間 :予約時間:10時〜/14時〜(1日2組まで) ※基本的に平日営業ですが、調整もいたします。お問い合わせください。

お店の詳細
マップ
友達へ教える

トップへ戻る